ゴルフスイングのショートゲームとパッティング

花道からのスピンショット

クラブフェースを開いて構えヘッドを加速させながらスイング

花道からのアプローチショットでは、ピンがグリーンの手前に切ってある関係上、ランを極力抑えたボールを打ちたいところです。そんなケースでは、ボールにスピンが効かせたアプローチショットが有効な方法です。

スピンが効いたボールを狙うためには、ボールの真下にリーディングエッジを打ち込むことが重要になります。それには、ボールを右足の前の位置にセットすることから始めます。次に、クラブフェースを開き、ボールがヒール寄りに当たるようにヘッドを置くことです。また、ダウン~インパクト間ではインサイドからクラブを振り下ろし、インパクト~フォロー間ではヘッドを閉じながら急加速させるゴルフスイングを目指します。

このあたりの要領については、ゴルフスイングの基本・最前線に詳しく説明されています。是非、参考にしてみてください。

手と体の動きを同調

アプローチのさまざまなゴルフスイングを習得するのは高度なテクニックが必要だと考えてしまいがちですが、打ち方のコツさえ掴んでしまえば意外に難しくはないものです。ただし、どんなアプローチショットのケースでも、体の動きと腕の振りが完全に同調したフォームをとるという基本部分についてだけは絶対に忘れないようにしましょう。

ベアグラウンドからのアプローチショット

フェースを閉じ気味、ハンドファーストを意識する

芝のない土がもろに出ているベアグラウンドでは、バンカーショットのようなボールの下にクラブヘッドを入れることはかないません。浅いラフのようにヘッドを手前から滑らせて打つことにも無理があります。つまり、直接ヘッドをボールに当てるしか方法がありません。

ゴルフスイングの仕方は、クラブフェースは閉じ気味にして、ボールを右足寄りの位置に置いて、少し強目のハンドファーストの構えを作るのがコツになります。この際にできたリストの角度を維持しながら、体の回転運動を使ってクラブを振っていくことです。インパクト以降に関しても、体の動きと腕の振りを一体化したスイングゴルフスイングの基本を意識して、手打ちになることは絶対に避けましょう。

ライが悪い状況に合った打ち方を日頃からトレーニング

ベアグラウンドやディボット跡からのゴルフスイングに共通するポイントを列挙しておきます。

  • ボールは右足寄り
  • 体重はやや左
  • 強めのハンドファーストに構え
  • 手首の角度を変えずに
  • 体の回転でクラブを振る

つまり、こうしたゴルフスイングを日頃から意識してそのうち方をマスターしておけば、ライが悪い状況というトラブルに巻き込まれてもあたふたすることが無くて済むというです。ゴルフ練習場ではゴムマット主流ですから、ディボット跡などの状況を作り出すことは難しい面がありますが、ゴルフスイングだけはしっかりトレーニングしてエ起きたいものです。